格安航空券のメリットとデメリットを押さえておこう

今では、格安航空券もすっかり定着してきました。多くの人が利用しています。これから乗ろうと考えている人は、やっぱりメリットやデメリットも押さえておくといいでしょう。
そうすれば、大手のJALやANAと格安航空会社の使い分けなどもできるようになるでしょう。

メリットを知ると乗りたくるかも

激安の2文字
まずは、格安航空券のメリットと言えば、やっぱり料金が安いことです。しかも、往復で購入せずに片道でもかなり安いのです。
ですので、行きは大手のJALやANAで乗って、帰りは格安航空会社で乗るという使い方もできます。また、行きと帰りで分けてみるなんてのもいいでしょう。
なお、当日でも安くなる可能性はかなりあります。というのも空席をなくすために、ギリギリまで安くするのです。急に乗るときでも、格安航空会社のサイトでよくチェックするといいでしょう。

また、実は格安航空会社の飛行機は新しい機体や機材が多いので安全性は高いです。安心して乗りたいと思ったら、格安航空会社を選ぶといいのです。

デメリットを知ると使い方を考える

こうしたメリットの一方で、デメリットを知ると使い方を考えるかもしれません。
まず、出発において飛行機が遅延することが多いです。というのも、機体は新しいのですが何度も利用したりするため、確認にも時間もかかったりします。また、代替えの機体もないので、少しでも遅れるとドミノ倒し的に遅れてしまうのです。
ランキングでも格安航空会社の方が遅れやすいという結果が出ています。
なお。出発しても何かあるとすぐに引き返す、またフライトを中止もしやすいのです。

その他には座席が狭くて、特に男性は乗り心地に満足しない、座席指定や荷物の預けるので料金が増えてしまうなんてこともあります。
あと、マイルも貯められないといったデメリットもあります。

それでも格安航空券は買った方がいい

こうしたデメリットがあったとしても、買った方がいいです。安さだけでなく、飛行機の出発時間が早朝や深夜もあるからです。
深夜12時を過ぎてから乗れる便もあったり、早朝は5時台の便もあります。そのため、現地に大手よりも早く着くことができます。早く目的地に行きたいときには、格安航空会社の方がいいのです。

あと、格安航空会社の方がキャンペーンも多いので、こまめに見ておくとお得するのはこちらと言えます。さらに、会員になるのも無料ですので、登録しておきましょう。
ぜひ1度は使ってみて、それから利用を続けるかを考えてみてはどうでしょうか。