国内旅行に必要なものはリュックと財布だけ

国内旅行に行く場合、必要なものは二つに絞ることが出来ます。
少しの荷物が入れられるリュックと財布の二つです。
せっかく格安航空券を使って飛行機を利用するのなら、荷物のせいで追加料金を取られることは損をしていると言えます。

旅行慣れをしている人は必要最低限のアイテムだけを持ち、現地に向かうことは当たり前のことになっています。
旅行の回数を重ねるごとに無駄を省いて行くのも醍醐味の一つだと言えます。

無駄を省けばアイテム数は極限まで減らせる

旅行慣れをしている人はリュックと財布だけを持ち、飛行機に乗ることは当たり前のことになっています。
服などの必要なものは現地で買い揃えるのが当たり前だからです。

わざわざ荷物を作らなくても旅行は楽しめてしまうからです。
現地で買った着替えや日用品は箱に入れて宿泊しているホテルから自宅宛に送れば荷物を持って移動する無駄を省くことが出来ます。

もちろん、このためのお金は格安チケットで浮かせた旅費から出すことが一番効率がいいと言えます。
またお土産も同じように送ることで機内への持ち込みの荷物を減らすことが出来ます。

この様に色々なサービスをうまく使うことにより、リュックと財布だけという究極のアイテム数で旅行に行くことが出来ます。
さらに突き詰めている人は財布のみで旅行を楽しむ人もいます。
こちらのページでは(https://latte.la/travel/gear/domestic_general)国内旅行の持ち物チェックリストを公開しています。


無駄を省けば行動範囲を広げられる

手荷物などを減らすことで心理的にも行動を範囲を広げることが出来ます。
普段街を歩くように身軽であることができれば、必ず行動範囲は広がっていきます。

色々な場所を満喫し、楽しむためには現地のスタイルに身を投じる必要性があります。
これを可能にしてくれるのが軽装だと言えます。
現地の空気に触れ、現地に住む人に触れることで色々な角度から旅行を楽しむことができるようになります。

観光客でありながら、現地の人と同じサイクルで行動をするということができるのも旅行の醍醐味です。
ロッカーやホテルのフロントに荷物を預ける方法もありますが、気兼ねなく旅行を楽しむなら軽装が一番です。